許して(エヴァネッセンス)
許して(エヴァネッセンス)

「Forgive Me」の楽譜 エバネッセンスグループ 1ページ 2ページ もう一度私を許してもらえますか?>言葉が​​出るのを聞いた 死ぬような気がした あなたを傷つけるのはとても痛い その後、あなたは私を見て もう叫んでいない あなたは静かに壊れています 今何でもあげる あなたからそれらの言葉を聞くために 何か言うたびに後悔する 「私はあなたを失いたくありません。」 しかし、どういうわけか私はあなたが決して私を離れないことを知っています。 「あなたは私のために作られたから どういうわけか私はあなたを見てみましょう あなたは私をどれほど幸せにしますか 私はこの人生を生きることができません 私のそばにあなたなしで 生き残るためにあなたが必要です だから私と一緒にいて あなたは私の目を見て、ごめんなさいと叫びます。 そして、あなたは再び私を許します あなたは私の唯一の本当の友達です そして、私はあなたを傷つけるつもりはなかった Forgive Me(Evanescence)の楽譜をダウンロード

音楽の調和-音楽の色
音楽の調和-音楽の色

楽曲は、リズム、メロディ、ハーモニーなどのいくつかの要素で構成されています。 さらに、メロディーのリズムが全体としてある場合、ハーモニーは音楽作品を飾るものであり、ピアノやギターの演奏を夢見ている伴奏はそれで構成されます。 ミュージカルハーモニーは和音のセットであり、これがなければ、単一の歌や演劇がフルでフルボディになることはありません。 正しく選択されたハーモニーは耳を愛careし、音を高貴にし、ピアノ、ギター、または楽器のアンサンブルのすばらしい音を十分に楽しむことができます。 あなたはメロディー、ハーモニーを歌うことができます-プレイのみ。 (ちなみに、ハーモニーは歌うこともできますが、一人ではなく、少なくとも3人が歌うことができ、歌うことができれば、これはまさに合唱団とボーカルアンサンブルのアーティストが学びます。) 調和のない戯曲や歌は、子供向けの本に描かれた絵のない絵のようなものです-描かれていますが、色、色、明るさはありません。 バイオリン奏者、チェロ奏者、ドムリスト、バラライカ奏者には伴奏者が同伴するのはこのためです-これらの楽器とは異なり、ピアノのコードを演奏できます。 さて、楽器の数が原因でコードが作成されるアンサンブルまたはオーケストラでドムラまたはフルートを演奏してください。 記事の内容 音楽の調和の選び方 コードシーケンスの例 ハ長調 ニ長調 マイナー トニ

オルガン:楽器の歴史(パート1)
オルガン:楽器の歴史(パート1)

楽器の王。 最大で最も重く、最も広い音のレジスタが作成されているため、オルガンは常に肉体の伝説のような存在でした。 もちろん、オルガンはピアノとは直接関係ありません。 これは、この弦楽器の最も遠い親relativeにのみ起因します。 叔父のオルガンには、ピアノの鍵盤にやや似た3つのマニュアル、楽器の音を和らげないペダルの束がありますが、それ自体は特に低い音のレジスタという形で意味的な負荷を持ち、オルガンの弦を置き換える巨大な重いリードパイプがあります。 それは、「古代の」シンセサイザーの作成者が模倣しようとしたオルガンの音です。 しかし、多くの音はハモンドオルガンで調整することができます。これは、優れたシンセサイザー音のアイデアの基礎を形成しました。 その後、ピアノの音を合成することが可能になりました。 記事の内容 風または霊的な楽器 現代の臓器と中世の違い 映像 風または霊的な楽器 オルガンよりも大きな楽器を想像することは困難です。 それは鐘ですか? ベルリンガーと同様に、難聴は古典的なオルガニストの特徴です。 したがって、オルガニストはこの楽器と非常に特別な関係を持っています。 結局、彼らは単に他の何かで遊ぶことができなくなります。 いずれにせよ、オルガニストの位置は教会と見なされました-遺体は主に教会に設置され、礼拝で使用されました。 この絵は、教皇が礼拝の伴奏のための主要な楽

ピアノアーノルドフィビガー
ピアノアーノルドフィビガー

18世紀を通じて、ロシアとウクライナの両方で、キーボード楽器の必要性が絶えず増加しています。 19世紀の初めには、キーボードの需要を満たすことができなくなりました。 ロシアとウクライナに住んでいた、または海外から来たインストゥルメンタルマスターは、彼らが音楽アクセサリーを作るワークショップをここで開きました。 さらに、欧州諸国からかなりの数の楽器が私たちの故郷の広大な地域に輸入されました。 キーボード楽器の慢性的な不足の結果は、多くの大規模なワークショップ企業の開設であり、これにより前世紀の初めにこの市場セグメントの状況が改善されました。 電光石火の速さを備えた大規模な国内ワークショップが全国に広がりました。 最初のロシアのピアノ工場は、遠い1810年にサンクトペテルブルクに開設されました。 フリードリヒ・ディデリッチは、この問題の創始者および開拓者となり、失敗しませんでした。 ポーランドはロシアに遅れをとっていませんでした。 当時、私たちの西側の隣人もキーボード楽器の生産のための開発されたインフラストラクチャを持っていませんでした。 おそらく最初の主要なポーランド企業は、アーノルド・フィービガーのピアノ工場だったでしょう。 1878年にカリシュ市で開かれました。 この企業の道は容易ではありませんでした。 この製造業の巨人は、ロシア帝国の南と西全体に供給しました。 ウクライナとベラル

アレクサンダー・ギンディン:ピアノ演奏のさまざまな側面
アレクサンダー・ギンディン:ピアノ演奏のさまざまな側面

アレクサンダー・ギンディン:創造的なプロセス アレクサンダー・ギンディンの名前は、現代の音楽愛好家にはおなじみです。 これは驚くほど才能のあるアーティストであり、独特のパフォーマーであり、現代で最も人気のあるミュージシャンの一人です。 彼のピアノ演奏では、色の感情と明るさが、卓越したピアニズム、繊細さ、知性、音楽の深い理解と組み合わされています。 アレクサンダー・ギンディンはモスクワで生まれ育った。 少年の才能は幼児期から現れました。 彼はスタソフにちなんで名付けられた音楽学校に入った。 その後、少年はモスクワ音楽院の中央音楽学校でピアノの勉強を続けました。 そこで彼の先生は有名な音楽家、教授ミハイル・ヴォスクレゼンスキーになりました。 17歳のとき、ギンディンは中央音楽学校を卒業し、すぐに有名なチャイコフスキー国際コンクールに出場しました! 競技史上最年少の受賞者であるアレクサンダー・ギンディンは、最高のピアニストの中で名誉ある4位になりました。 記事の内容 ピアノスクール ブライトスタート レパートリー さまざまなプロジェクト ニコライペトロフと創造的なタンデム ミュージカル機能 クリエイティブな結果 ピアノスクール 1999年、ジンディンはモスクワ音楽院を卒業し、栄誉ある卒業証書を授与されました。 彼の音楽研究の継続はアシスタントインターンシップであり、彼は教師のヴォスクレセン

フラッシュゲームピアノエスケープ
フラッシュゲームピアノエスケープ

部屋に閉じ込められていたので、今度はドアの鍵を見つけなければなりません。 キーが見つからない場合、どのようにドアを開けることができるかを慎重に検討してください。 頑張って! [swf] // propianino.ru/wp-content/uploads/2012/04/Piano-Escape.swf、640、420 ​​[/ swf]